男性型脱毛症の薬を使ってハゲ改善!

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降に発症する薄毛や抜け毛などの症状ですが、男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が酵素「5αリダクターゼ」と結びつき、変換された物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって、発毛サイクルのが乱れることによって起こるといわれています。前頭部、こめかみあたりから徐々に薄毛が始まり、いわゆる「M字ハゲ」になったり、頭頂部が薄くなったり、また両方が禿げてくるなどの症状があります。遺伝性の要素が強いため、親族や親せきなどに薄毛や脱毛の症状がある場合には、体質を受け継いでいる場合が多いのも特徴です。多くの男性を悩ませているAGA(男性型脱毛症)ですが、治療法としては現在のところ、生活習慣の改善やストレスの回避などもありますが、近年になって、AGA(男性型脱毛症)の定番治療薬として、フィナステリドやミノキシジルという薬剤が開発され、症状の進行を食い止めることが可能となってきました。フィナステリドのおもな働きは、酵素「5αリダクターゼ」の分泌を抑制する働きがあるとされており、新たな脱毛を防いでくれる効果が期待できます。また、ミノキシジルには、すでに脱毛してしまった毛根の血行を促進し、拡張させる毛根をことで、再生をさせる効果があります。この2つの薬剤には、それぞれの優れた役割を期待することができ、「禿げさせないフィナステリド」と、「発毛させるミノキシジル」といった感じです。両方を併用することで、より早く効果を実感することができるでしょう。もしも、AGA(男性型脱毛症)が原因での薄毛の場合には、ほかのどんなに高価な育毛剤を使用しても、効果は期待できません。ご自身の体質に合わせて、少しでも早く適切な治療を行うことが大切です。

男性型脱毛症を治すには生活を変えよう

「最近、薄毛がひどくなった」、「シャンプーの度に抜け毛が気になる」など、薄毛や抜け毛で悩んでいる男性は、とても多くなっています。AGA(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンのひとつであるテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変換されることにより、薄毛が進行していくといわれています。AGA(男性型脱毛症)には、育毛剤や内服薬、増毛や植毛など、さまざまな治療法がありますが、本来、AGA(男性型脱毛症)の発症は、遺伝性である要素が強いため、生活習慣などを改善していくことは、あまり効果がないことのように思われがちです。しかし、生活習慣を改善していくことで、抜け毛を防いだり、発毛が阻害される原因を遠ざけることは可能です。AGA(男性型脱毛症)の進行を防ぐためには、いくつかの方法があります。まず、1番に始めてほしいのは、全身や頭皮の血行を悪くしてしまう喫煙習慣を断つことです。本来、髪の毛に行き渡るはずの栄養も、喫煙をすることで十分に届かないために、薄毛の原因となってしまいます。次に、アルコールの過剰な摂取を控えましょう。アルコールは、過剰な皮脂分泌を起こしてしまうため毛穴も汚れやすくなり、肝機能が衰えることによって、たんぱく質を十分に生成できなくなってしまいます。また、ストレスや睡眠不足も抜け毛や薄毛の大きな原因となります。男性ホルモンは、夜10時から深夜2時頃が一番分泌されやすいため、この時間帯にはしっかりと熟睡することができるように、お風呂でしっかりと身体を温めておくことが大切です。また、食生活にも気を付けるように、髪の毛の生成に大切な良質のたんぱく質やアミノ酸などを意識して摂るようにしましょう。

男性型脱毛症になる人の特徴

AGA(男性型脱毛症)とは、一般的には遺伝が多く、男性ホルモンの影響などを受けやすい体質であることが原因と言われています。おもな特徴として、思春期以降から脱毛症状が始まり、早ければ17歳くらいから抜け始める場合もあります。細く短い髪の毛が多くなっていき、脱毛のパターンとして、頭頂部や前頭部のどちらか一方、または両方の毛髪が少しずつ抜け始めます。AGA(男性型脱毛症)のおもな原因物質は、思春期以降に男性型脱毛症やニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起すジヒドロテストステロン(DHT)で、男性型脱毛症を自覚している方の逃避には、脱毛部分の頭皮には、多量のDHT が確認されるという報告があります。通常は、2年から6年かけて毛髪は太く成長していく成長期、毛球の退縮が始まる退行期を経て、次に髪の毛を生やすための準備期間として脱毛する、休止期に入ります。ふたたび、毛髪が生え始め成長をしていく早期に入るという自然な流れを繰り返しながら、髪の毛は生え続けます。しかし、AGA(男性型脱毛症)の症状が出始めると、本来の自然なヘアサイクルが乱れ始め、通常であれば2年から6年もある成長期が、数か月から1年程度にまで短縮されるようになります。短い成長期で発毛サイクルを繰り返すことによって、次第に髪の毛が太く長い毛に育っていく前に抜けてしまうようになってしまうのです。成長期に時間をかけて、しっかりと成長しないまま、細く短い毛髪ばかりが育っていくようになるため、全体として薄毛が目立つようになるのが、AGA(男性型脱毛症)の大きな特徴と言われています。家族や親族に脱毛症がある場合がほとんどで、進行型であることから、少しでも早く気付いて治療を行う方が、効果的です。


ページトップへ