薄毛は男性型脱毛症という病気の場合あり

男性の悩みの中で多い悩みとして、薄毛を挙げることができます。
薄毛といっても様々な原因が考えられますが、もしかしたら、男性型脱毛症という病気である可能性があります。
この男性型脱毛症による薄毛は男性の中でも最も多く、特徴としては、20代や30といった比較的早い年齢から徐々に薄毛が進行していくという特徴があります。
また、薄毛が進行していくパターンがある程度決まっていて、額の生え際から、もしくは頭部の頭頂部あたりから薄毛が進行していくパターンがほとんどです。
もし、このような男性型脱毛症の特徴に当てはまる場合は、男性型脱毛症である可能性が高いということがいえます。
最近では、毛髪や頭皮などを検査することで、男性型脱毛症かどうかをチェックすることができるようになってきていますから、一度医療機関などで検査をしてみるとよいかもしれません。
もし、男性型脱毛症と判定されたとしても、治療をすることによって、薄毛を改善させることができますので、すぐにあきらめる必要はありません。
最新の改善方法としては、薬による治療か、植毛などの方法があります。
薬による治療としては、男性型脱毛症の原因となっている体内酵素を抑えるという作用によって、薄毛の進行を止め、髪の毛の成長を促していきます。
基本的に、薬は1日に1回服用すればよいだけなので、それほど手間なく継続することができます。
植毛に関しては、最近では自毛植毛が有効となっています。自毛植毛の場合は、後頭部や側頭部にある薄くなっていない髪の毛を頭頂部や額の生え際に移植するという方法で行います。
移植する髪の毛は、自分の髪の毛なので、副作用のリスクが少ないという特徴があります。

40代男性の男性型脱毛症治療は望みあり

男性型脱毛症(AGA)は幅広い年代の男性に起こる薄毛の症状で、加齢によって患者が増える傾向にあり、40代からが最も多く見られます。
進行性であるため、対処せずにいると徐々に薄毛が広がっていき、最後には髪の毛が無くなってしまうことにもなりかねないので、早めの予防が良いと言われています。
しかし、男性型脱毛症の予防方法は近年に確立されたもので、一昔前では放置するしかなかったものです。
若い内から薄毛が進行し、現在の40代となった男性の症状は様々ですが、薄毛が目立ったり毛髪が抜け落ちて地肌が目立つ人もいます。
症状が進みすぎて改善を諦めている人がほとんどですが、現在のAGA治療なら毛髪が復活する可能性が高く、昔のようなフサフサな状態を取り戻すことも夢ではないとされています。
男性型脱毛症の原因とされるのはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンですが、AGA治療で処方されるフィナステリド製剤は、この原因となるDHTの生成を抑制する作用があるので、薄毛の進行を食い止めてくれます。
また、血行不良で髪の成長に必要な栄養素が頭皮に行き渡らずに、髪の毛がやせ細ってしまった場合にも、ミノキシジルと呼ばれる成分を使用した育毛剤で、新たな髪の毛が生まれてくる可能性があります。
男性型脱毛症はヘアサイクルが乱れることで、髪の成長が止まり抜け落ちやすくなるほか、新たな髪の毛が生まれるサイクルを抑制してしまっていることから薄毛になるのですが、髪の毛が生まれる大もととなる幹細胞が死んでいるわけではないので、AGA治療で細胞を刺激して活発化させることで髪の毛は再び生えて来るようになります。
AGA治療は健康保険が適応されないので、高い費用が必要となりますが、それに見合った効果も得られるはずなので試してみましょう。

おでこが広くつむじが薄い男性型脱毛症の種類

男性型脱毛症は思春期以降に現れる症状で、進行性の抜け毛とされています。
多くは加齢と共に毛が抜けていくの壮年性のものですが、遺伝や悪性の男性ホルモンDHTが原因とされるものも多く、10代後半からでも薄毛が目立つようになります。
頭頂部から進行するタイプをO型と呼び、つむじが頭頂部またはその両端にあると、そこから少しずつ毛が抜けて薄くなります。
また、前頭部から脱毛が始まることがあり、生え際が後退しておでこが広くなったり、両端が後退してM字型の禿げになったりします。
さらに頭頂部と前頭部のどちらも同時に進行するタイプがあり、これを見た目からA型またはU型と呼びます。
特徴的なのは、側頭部と後頭部には脱毛が見られないというもので、このせいで頭を坊主にしても、抜けた部位との差がはっきりと分かるため、髪を短くしても誤魔化すことができないのが問題です。
男性型脱毛症は自然治癒では戻らず、放置するとどんどん進行することから、年齢と共に悩む男性が多く、30代では20%、40代では30%、50代では40%の割合を示します。
つまり、薄毛が目立つ前に、早いうちからヘアケアや男性型脱毛症の治療を開始すればそれだけ期待が出来るということです。
治療や改善する方法としては、基本的にヘアケアと生活習慣を行い、同時に薬物療法や外科手術によって髪の毛を取り戻すこととなります。
男性型脱毛症の治療は保険が適応されないので、進行が進んで酷くなる前に治療を開始しておけば、それだけ費用の負担が軽くなります。
特に外科手術では100万円単位の費用がかかることもあることから、日頃のヘアケアや薬を使った治療方法が経済的にも良いと言われています。

■男性型脱毛症の疑いがあるならすぐに対策を!
ミコナゾールで頭皮を綺麗にする
フィンペシアで悩み解消

ページトップへ